2012年11月01日

格安レンタルサーバーのすごい進化ぶり


こんにちは、管理者のひがさです。

私が起業してはじめてホームページを開設したのが2001年。その当時はウェブサイトの制作料が高かったのはもちろん、ランニングコストとして欠かせないレンタルサーバーの月額料金も、平気で数千円くらいしていました。

今や毎月、数千円も払っているという人は、よほどすごい専用サーバーなのか、よほど無知なのか、のどちらかだと思います。

初めての自社サイトで契約したのがファーストサーバー。300MBで月5000円くらいだったと思います。ところが数年使っているうちに、容量アップの割安プランができて、しかも既存ユーザーには適応されないという手口に憤慨して解約しました。

その後、ファーストサーバーは社長が新幹線の車内で事件を起こしたり、おかしな感じになっていましたので、早く解約して良かったと思いました。

あれから数年。格安レンタルサーバーは、もやは「安かろう悪かろう」というイメージを完全に払拭して、月に100円〜300円前後でも、十分素晴らしいサーバーを提供しています。

私がサーバーを契約するときに重視しているのが、
1.基本性能(表示速度と安定性)、
2.マルチドメインに対応しているか、
3.データベースMySQLを使えるか、

という点です。3.のデータベースはメインで運営しているサイトがPHPプログラムを使っていますが、普通のサイトやブログであれば、さほど神経質になることはありません(このMySQL対応で、著名なさくらのサーバーは候補から外れています)。


私が実際に使って、良かったのが、

エックスサーバー。

このサイトもエックスサーバーに置いています。こちらは容量も100GBと驚くほどになり非常に良いのですが・・・。他社の低価格・高機能の攻勢を受けて、月1000円がやや割高と感じるほどになりました。とくにSEOの観点からひとつのサーバーに集中させたくない人にはちょっともったいない感じです。

そして使ってみて不満がないのが

ハッスルサーバー。

名前がふざけていて不安でしたが、使ってみて、何ら不満はありません。ただしいちど特定のドメインの方(知り合い)のメールが勝手にスパム判定されてクレームを出したのですが、そのときの対応はイマイチでがっかりしましたが。

使ってみて意外とダメだぁと思ったのが、

ネクストスペース。

ミニム。

ネクストスペースは容量500MBでちょっと今や安かろう悪かろうだと思います。ミニムは容量3GBで悪くないと思うのですが、実際使ってみるとちょっと詰め込み過ぎなのか、表示が重い(遅い)感じがします。たぶんもう使わないと思います。

使って最悪だったのが

100円サーバー。

米国に置いているサーバーで容量は300MBしかなく、データ転送量の制限を超えると表示されなくなります。最悪です。決して契約されないことをお勧めします。


そしていま、新しく注目しているのが、

ミニバード。

エクストリーム。

ミニバードは容量が30GBと群をぬいており月額263円とお得感満載。エクストリームは2GBで105円。当面はそんなに容量使わない方はこちらでも十分だと思います。

また近々サイトを開設する予定がありますので、ミニバードとエクストリームはぜひ使ってみたいと思います。


それにしても10年前と較べて、格段の技術進歩・機能向上で、サイト運営者にとっては、いい時代になったなぁと感じます。



posted by コンサルジェント at 16:37 | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。