2013年12月11日

オフィス賃料の削減コンサルタントとは


こんにちは!管理者のひがさです。

数あるコンサルティングの中でも「コストダウン系」のコンサルティングは、不況期にも強いと言われています。

前向きな投資ができない時期であっても、経費削減のニーズは確実にありますからね。その代表格とも言えるのがオフィスや店舗の賃料削減コンサルティングです。

このサービスは、弊社が創業した2000年代の初頭から、存在していました。賃料相場のデータ等を根拠に、ビルオーナー会社へ賃料削減を交渉して、成功報酬の一部を受け取るというスタイルのコンサルティングです。

2001年当時はまだ出始めという感じで珍しかったのですが、あれから十数年。いまでは非常に多くの賃料コストダウンの会社を比較検討できるほどになっています。

東京のオフィス市場では「2016年」にオフィスビルの供給がピークになるという予測があります。さらに東京オリンピックの開催が決定したことも新たな影響を生み出す可能性が大きいですね。今後も市場の需給の波はあるものの、賃料削減には根強い需要があるかもしれません。

また同時に、リノベーションオフィス、インキュベーションオフィス、ノマド向けシェアオフィスなど、オフィス需要の変化にまつわる新しいサービスにも注目したいですね。

このような新たなビジネス機会の周囲には、またコンサルティングなどの機会が創出されることを期待しています。

posted by コンサルジェント at 17:49 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。