2013年10月23日

コンサルタント会社と個人コンサルタントの決定的な違い

こんにちは!管理者のひがさです。

コンサルタントを頼む経営者にとって、選択肢はたくさんあります。

例えば、社員100人のコンサルティング会社に依頼する。そうでなくて100人の独立コンサルタントの中から厳選して依頼する。

この違いって、何でしょうか?

そもそも◎◎総研とか△△経営とか、ひとつの会社に所属しているコンサルタントの99%はサラリーマンです。

だいたいの場合、企業経営の経験はありませんし、自分が保証人になって銀行から借金した経験すらありません。

すると企業経営者から見れば、意識の違いやズレを感じる場面が多くあることに気づきます。

またサラリーマンにとっては、クライアントの企業は、会社から与えられた仕事のひとつにすぎませんので、自ずと投入できる時間と熱意とパワーには限度があるように思います。

ましてや、身銭を切って会社のこれからの命運を託そうという思いの「コンサルティング費用」の重みは、その費用が会社という組織に吸収されてさまざまな間接費用(例えば経営陣の報酬や豪華な一等地のオフィス賃料を含む)に使われたのちに、実際にクライアントから支払われた報酬よりも遥かに低い「給料」として受け取っているサラリーマンコンサルタントにとっては、その重みを知るべくもありません。

これはサラリーマンコンサルタントが怠慢な訳でもなく、悪意がある訳でもなく、ただ、そういった仕組みの中で、日々の仕事をこなさざるを得ない環境下に置かれているという現実にすぎません。

こういった環境や、周りとの人間関係や、会社の方針、経営陣の考え方に対して納得ができなくなり、自らの道を進もうと独立するコンサルタントが跡を絶たないというのがこのコンサルティング業界の特徴でもあります。

自らの会社を立ち上げた独立コンサルタントは、ゼロからのスタートで営業の苦労を知り尽くし、ようやく獲得した仕事は必死になって成果を出そうと頑張っていくのは、ごく自然な道理だと思います。

なので企業経営者の苦労や立場が手に取るように分かり、同じ目線で共感し行動ができるのです。


私自身、この「コンサルタント紹介エージェント」の会社を2001年に立ち上げる前は、大阪にある、社員30名ほどのコンサルティング会社に「サラリーマンコンサルタント」として勤めていました。ですので、上記のお話は、私自身の実感値でもあります。

私の古巣のコンサル会社は、その後、どんどん主要メンバーが退職していって、今ではもうなくなってしまいました。組織と言うのはけっこう脆いものです。


さて「社員100人のコンサルティング会社に依頼する」ことと「100人の独立コンサルタントの中から厳選して依頼する」。


この違いが分かって頂けたでしょうか?
posted by コンサルジェント at 16:12 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

創業補助金200万円〜700万円、4/22が締め切りです!

こんにちは!管理者のひがさです。

女性や若者の地域での起業や後継者の新分野への挑戦を応援する趣旨で新設されました『創業補助金』の公募の締め切りが4/22に迫ってきました。

sougyou.jpg
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

補助率は2/3で下記の対象者それぞれ補助上限額が1.=200万円、2.=500万円、3.=700万円 となっています。

対象者は創業者だけでなく、第2創業、いわゆる中小企業の事業承継も含まれます。

今年度に新規創業、新規事業(第二創業)をご検討中の方は、ぜひ情報をチェックして下さい。なお応募書類の事業計画書の作成やマーケティングの計画・実施にあたって必要な専門家は、弊社よりご紹介ができます。

■経営堂
事業計画書作成コンサルタント
http://www.keieido.net/pageidx2_catg1_agentflg0_career0_area0_idx0.html
マーケティングコンサルタント
http://www.keieido.net/pageidx2_catg4_agentflg0_career0_area0_idx0.html
創業・小規模企業コンサルタント
http://www.keieido.net/pageidx2_catg14_agentflg0_career0_area0_idx0.html

<対象者>

1.地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業[地域需要創造型起業・創業]を行う者

2.既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において後継者が先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する[第二創業]を行う者

3.海外市場の獲得を念頭とした事業を興す起業・創業[海外需要獲得型起業・創業]を行う者

●お問い合わせ先:経営コンサルタント探しの経営堂
http://www.keieido.net/index.html


posted by コンサルジェント at 14:02 | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

Googleページランク、11月以来3カ月ぶりの更新!

こんにちは、管理者のひがさです。

ついにグーグルのページランクが更新されましたね。私が確認したのは日付が変わった2/5の0時過ぎですが、おそらく2/4の夜から変動があったのでは?と思います。

今回、弊社の管理サイトやブログは、0→3、0→2、0→2、1→2、1→2、2→3、3→4、3→4と、8つのサイトとブログがランクアップしました。

またお手伝いしているクライアント様の分では、5のサイト、4のサイトを、複数つくることに成功しました。良かったです!

Googleのページランクとは、「Google から見たウェブページの重要度」のことです。


グーグルの基準に基づいてページの重要度を測る指標となっていますので、やはりサイト管理者としては気になりますし、第三者から客観的に見た信頼度が違ってくると思います。


また検索順位を決定する要素のひとつと言われていますので、やはり無視できません。


最近はページランク更新のサイクルが定期的になっていますので、次回の更新はゴールデンウィーク前の5/2あたりではないか、と予想しています。

googlepr.jpg

posted by コンサルジェント at 11:00 | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。